簿記全般

日商簿記、全経簿記、全商簿記の違い

更新日:

何か資格でも…と調べ、簿記にたどり着いて、よく調べると、簿記でも日商簿記、全経簿記、全商簿記の3種類あることに気付くと思います。

どれを勉強した方が、就職・転職に有利なのかわからない、迷ったりすることも多いはず。これから簿記を勉強される方に、それぞれの簿記の特徴、違いをまとめる。

日商簿記、全経簿記、全商簿記の違い

日商簿記

日本商工会議所が主催していて、社会人・実務レベルを基準としている。
一般に「簿記検定」と言ったら、日商を指します。
日商簿記検定が難易度も高く、進学・就職に大きなプラスとなります。日商簿記は1級~4級まであり、基本的に初めて受けるときは3級から受験します。1級に合格をすると税理士の受験資格が与えられます。

全経簿記

全国経理学校協会主催が主催していて、会計専門学校のレベルを基準としている。
全経簿記は、主に専門学校生が受けるための資格といわれています。(受験は誰でもできます。)
難易度としては、日商と全商の中間ぐらい。全経簿記は、上級~4級まであります。(1級は会計部門と工業簿記部門に分かれています。)全経簿記も、上級に合格すると税理士の受験資格が与えられます。

全商簿記

全国商業高等学校協会主催が主催していて、商業高校のレベルを基準としている。
全商簿記は、商業高校生を対象としている資格です。難易度は上記2つと比べると最も易しく、あまり費用対効果が無いと思います。
全商簿記は、1級~3級まであります。(1級は、会計部門と原価計算部門に分かれています。)

日商・全経・全商簿記の難易度比較

それぞれの大体のレベルは、

  • 日商1級=全経上級
  • 日商2級>全経1級>=全商1級
  • 日商3級=全経2級>全商2級
  • 日商4級=全経3級=全商3級

社会で評価されるのは日商しかないとよく言われています。日商3級は独学で、2級は通信でもいいとおもいます。

おすすめの通信講座

スキマ時間で人生を変える

市販テキストを買い揃えるよりも安い、今話題の激安の通勤講座!

忙しくて勉強時間がない...。勉強するのがめんどくさい...。という方におススメです。スキマ時間で人生を変えましょう。

-簿記全般

Copyright© 簿記の勉強 , 2017 AllRights Reserved.